あての無い道

日々の出来事や旅行、ドライブについてあても無く並べていきます♪

都会に忘れられた橋「青海橋」

今から ちょうど4年程前

 

まだ自転車に興味を持っていなかった頃の話

 

仕事の都合で平日に休暇をもらうことになった私

前もって平日休みをもらえることが分かっていれば、いつもは混雑しているような場所へ出かけようという気にもなるもの。

でも、この時は急な休みでした。

 

外は良い天気、普段は車移動ばかりで運動不足も気になっていたので、当時住んでいた葛飾は亀有から自転車でお台場を目指すことにしました。

今思うと、普通のシティサイクルでよくやったもんだと思います。。。

 

大汗をかきながら、荒川沿いを南下して、砂町~新木場と順調に走行

正確な時間は覚えていませんが、朝の9時過ぎに出発してお台場に到着したのはお昼を過ぎていたと思います。

 

お台場に自分の自転車で来て、レインボーブリッジを眺めた満足感を得て、そのまま帰ろうかとも思いましたが、せっかく来たので普段車ではめぐらないお台場を少し散歩することにしたのです。

 

そこで、今回の橋に遭遇します。

 

お台場には「夢の大橋」と言う、仮面ライダーやドラマ等にも出てくる立派な人道橋が存在します。

この橋をブラブラと走っていた時の事、ふと首都高の湾岸線方面へ視線を移すとなにやら前後に道がつながっていない橋が目に入りました。

 

気になったので袂にやってくると・・・

f:id:satoru6938:20180530223334j:plain

歩道からは柵で隔てられた橋がそこにはありました。

一見封鎖されているようにも見えましたが、ふさがっているわけではなく、普通に歩道として利用できる様子

 

f:id:satoru6938:20180530223544j:plain

自転車と共に入ってみます。

 

f:id:satoru6938:20180530223732j:plain

振り返ってみてみると、賑やかなパレットタウンの観覧車を見ることが出来ます。

肝心の道はと言うと、センターラインのキャッツアイが現在使われている道の歩道にぶつかって、ぷっつりと途切れています。

 

f:id:satoru6938:20180530224012j:plain

橋上の車道部分は、一部もっこりと歩道部分との段差を埋めるような処理がされており、そこに流れてきた土がたまって草木が根付いています。

 

f:id:satoru6938:20180530224248j:plain

橋を渡った先は水の科学館

この日は遠足に来ている小学校?幼稚園?の子供たちがちょうど広場で昼食を取っていました。

 

f:id:satoru6938:20180530224438j:plain

こちら側の終端も、東京テレポート駅側と同じようにもっこりとした処理が施されています。

そして、その先でぷつりと道が終わってしまいます。

 

で、気になったので調べてみました。

 

撤去費用がネックな橋

私が無知なだけで、やはり東京都内の橋だけあって有名な橋だったんですね。

 

この橋があるのは下の地図の通り

有明西運河をまたぐ、「夢の大橋」と「有明橋」に挟まれる場所に位置しています。

 

 

 

1987年(昭和62年)に仮設橋として完成し共用を開始されますが、開発の計画変更によって1994年にその役目を終えました。

そのまま残されている理由として多く見られるのが、その撤去費用

架橋時と同程度もかかるとなると、河川の往来に支障があったり、その他リスクとならない限りは撤去されないわけですね。

f:id:satoru6938:20180530225504j:plain

役目を終えたとは言っても、通行止めとなっているのは自動車のみ

歩行者は歩道橋として利用することが出来ます。

 

ただ、横には前述した「夢の大橋」という立派、かつ現在は他の施設にも各段にアクセスの良い橋がある為、ここを通る人はほぼ居ないのではないでしょうか?

f:id:satoru6938:20180530225702j:plain

あまり出てこないのが、この道がどんな規格の道路だったのかということ。

きっとちゃんと調べたら出てくるのでしょうが・・・

 

f:id:satoru6938:20180530230015j:plain

ガードレールの支柱や、この銘板には東京都と書かれているから、「都道府県道」くらいだったのでしょうか?

 

f:id:satoru6938:20180530230217j:plain

横から見ると実に立派な橋です。

割とキャンバーのある2主の箱桁

橋の端部には綺麗な親柱までありました。

 

f:id:satoru6938:20180530230625j:plain

 

 

もう20年以上も車を通していない車道部分のアスファルトは黒く独特の風合い

周りを見れば華やかな臨海副都心

そんな対比を眺められる、不思議な空間に思わず出会った、しんどいサイクリングとなりました。

 

f:id:satoru6938:20180530231206j:plain

 

 

静岡主要地方道29号線「梅ヶ島温泉昭和線」を行く

ちょっと前の話になりますが・・・
 
上着を着なくても寒さを感じなくなった春の休日
外は小雨がぱらつくぐずついた天気だけど、暖かさに誘われて気が付けば運転席に座っていました。
 
向かう先はピストン県道


​​​ピストン県道とは?​​​
 
入っていっても行き止まりの林道のことを、道路趣味者の方々の間ではしばしば「ピストン林道」なんて
呼んだりするそう
それにならって、行き止まりの県道の事も勝手に「ピストン県道」と呼んでます(笑
 
道路と言えば、「険道」や、「酷道」などと一時は世間的にも脚光を浴びていた時期があったように思います。
実際はまだブームの中なのかもしれませんが、さらに趣を深めていくと「険」や「酷」と言った字が次第に
「廃」と言う字に変わって、「廃道」のブームに移って・・・と、興味を持ち始めると止まりが利かなくなる
「道路」の世界。
私は、そんなディープな「道路」の世界も浅い知識ながら、日々楽しんでいたりもします。(その延長で自転車も始めた・・・)

 
話が脱線してしまいましたが、戻しまして
 
問題はどこの「ピストン県道」へ向かうのか?
ピストンになってしまう要因はいくつもあると思いますが、簡単に考えられるのは山が険しくて工事を断念したという理由
と考えると、山にぶち当たる道を探すのが手っ取り早いのです。
 
で、個人的には険しい山に当たりやすい立地だと思っているのが静岡県
伊豆半島はまたちょっと話が違いますが、​三遠南信道路​など不通な大規模道路が多い静岡県が手ごろな距離で道を楽しむ
には良い立地だと思うのです。
 
ということで、一路静岡を目指して車をスタート
 
今回はちょっと興味のある、新東名の制限速度110km/h区間を少しだけ体験
その区間に入る前からも周りはかなり飛ばしていますが、その区間になるとみんな更にペースアップする印象で、のんびり走りたい時はちょっと怖いかもしれません・・・
 
そう思いつつ、新静岡ICで降りてお目当ての道へ到着
安倍川もちでお馴染みの安倍川沿いを走る
​静岡主要地方道29号線「梅ヶ島温泉昭和線」​
名前の通り、起点は「梅ヶ島温泉」という山の奥地にある温泉街
終点は国道1号と接続する「昭和町」となっています。
 
今回は終点側から起点へ向けて走り始めます。
 
川沿いはところどころ川に向かって山肌が大規模に崩れていたりと、静岡の山間を走っているんだなぁと思わせる景色が続きます。
静岡はこんな景色の川沿い道路が多い気がします。
 
道も主要地方道とは言え、だんだんと道幅が狭くなり、すれ違い困難な場所も出現
そろそろヤバそう・・・
となると、大規模な砂防ダムが現れると道が少し立派に戻ったり(付け替え道かな?)と走っていて飽きない




そんなこんなで楽しんでいると、橋の建設現場に遭遇!
ケーブルエレクション工法のでっかい鉄塔が目を引きます。
田舎の風景に不釣り合いですが、結構迫力あります。



まだイメージつきませんが、ニールセンローゼ橋が架かるそうです。
なかなかの支間長







よく見ると三世代の橋が仲良く並んでいます。
左の門型が初代の大河内橋、真ん中の現橋が2代目の大河内橋、そして一番右が建設中の大河内橋
おそらく建設中の大河内橋が完成したら、今の2代目は跡形もなくなくなってしまうのでしょう・・・
残るのはちょっと不自然な道路線形くらい?



少し工事現場の観察をしてからさらに北上





すると扇形のトンネルが出現



出口は調子に乗って下ってくると崖に突っ込みそう・・・
 
どうしてこんな形になったのかはわかりませんが、銘板を見ると一度改修工事が行われているようなので
それに関係しているのかもしれませんね。





 
と、楽しんで走っていると温泉街にたどり着きます。
ここが路線名にもなっている「梅ヶ島温泉
ここにたどり着くには今走ってきた道が唯一のアクセス手段となるため、なかなかの秘境感が漂います。
少し上ると林道と接続しており、この主要地方道の起点となります。


ピストン県道なんて言ってここまで来ましたが、接続している林道を走ると身延方面へ抜けられたりします。
が・・・、長期間落石通行止めとなっており、事実上行き止まりの道です。
満足したのでそそくさと下山
 
帰る前に静岡定番のさわやかにて、げんこつハンバーグを


お腹いっぱい食べて家路につきました。



 
自転車に乗り始める前は、こんな感じで意味もなくドライブをすることが多かったのです。
と言いつつ、今回久しぶりにドライブに出かけると、またこの感じを味わいたくなってしまうものです・・・
 
 




 

その光、関東最大級! さがみ湖イルミリオン

書くネタが無いなぁと思っていたら、あっという間に年が明けてしまいました。

 

お正月から親戚まわりやら、初詣やら、仕事初めやら、なんだかんだで落ち着かない日々を過ごして、1月も第2週も終わりを迎える頃には平常ペースに収まり

 

そこで、週末は少し息抜き

近場で割と規模の大きいイルミネーション鑑賞へ出かけてきました。

 

生まれ変わったレジャー施設

行先は相模湖近くにある「相模湖プレジャーフォレスト」

f:id:satoru6938:20180114214814j:plain

昭和生まれな私には、どちらかと言うと「相模湖ピクニックランド」の方がしっくりきます。

もともとは力道山がゴルフ場の建設の為にこしらえた土地だったようですが、計画は未完に終わり、その後この施設が建設された経緯があるようです。

今は富士急の子会社が運営に変わり名称がプレジャーフォレストへ変更、その宣伝手法や新しく設置されたアトラクションにその面影を強く感じます。

 

イメージは大混雑

さて、そんな相模湖プレジャーフォレストで行われているイルミネーションイベントの「イルミリオン」には、過去3回行ったことがあります。

どれも12月中に行ったのですが、この時はかなりの混雑!

園内を歩くのに大名行列のごとく並びながらゾロゾロと歩く印象でした。

リフトも90分待ちとか・・・

 

そんなイメージだったので、今回は暗くなる前、イルミネーションが点灯する前に会場入りしました。

f:id:satoru6938:20180114220256j:plain

うん、空いてます

明らかに空いてます

 

混んでて大変!なのはクリスマスシーズンの12月だけなのかな?

 

少し拍子抜けしつつも、暗くなるのを待って17時についに点灯!

園内は順路が設定されており、このイメージキャラクターのパディントンの世界観を満喫するにはこれに従う必要があるようです。

私は特にそのあたり、興味が無かったのでいきなりリフトに乗って山頂を目指します。

 

f:id:satoru6938:20180114220720j:plain

リフトも新しくなって2系統になってました。

これならピーク時でも混雑は緩和されていそうですね~。

 

明るいうちに山頂に登ったので、夕焼けで綺麗な空をバックにツリーを撮ることが出来ました。

f:id:satoru6938:20180114221332j:plain

 

山頂にはこのツリーの他に、ダイヤモンド?や、星形のオブジェ、そして観覧車と絶叫マシンがあります。

ここではこのツリーを見たら、とりあえず他に興味もないのでリフトで再び麓へ引き返しました。

ちなみに、リフトは往復で600円します。

 

麓に到着したら、ここから本来の順路でイルミネーション鑑賞をスタート

 

f:id:satoru6938:20180114221756j:plain

やっぱり人が少なくて快適ですw

このゲート?をくぐって山登りをスタート

 

f:id:satoru6938:20180114221918j:plain

f:id:satoru6938:20180114221955j:plain

広い園内に、いくつかのテーマに分かれたゾーンで構成されているイルミリオン

各々のテーマに関しては、公式サイト等に詳しく書かれていると思うので割愛しますが、このイルミリオンで感じるのは光に包まれている感が凄い

 

ハウステンボスや足利フラワーパーク、ドイツ村等々にも行ったことはありますが、個人的に光に包まれている感を一番強く感じるのはこのイルミリオンだったりします。

それでも今回の構成は今までとコンセプトが変わったのか?、その規模よりも「体験型」を掲げているからか、例年比べてその印象が少し、薄れている気もしました。

 

f:id:satoru6938:20180114222346j:plain

道中色々写真を撮りましたが、あまり写りが良くなかったので気が付けば終盤の写真w

 

ゆっくりと回ると意外と時間がかかります。

それだけの距離を歩いているということなのでしょう。後半の下り坂はなかなかの急こう配で、気を抜くと足腰に来ますw

 

ルートを見て回ったら最後は宮殿エリアで終了

f:id:satoru6938:20180114222724j:plain

f:id:satoru6938:20180114222828j:plain

宮殿エリアの前から見上げると園内をほぼ一望することが出来てこれがまた良い景色だったりします。

そんなことを思っていたら肝心な宮殿の写真を撮り忘れていましたが・・・

 

f:id:satoru6938:20180114223027j:plain

宮殿は音楽と噴水と光のショーで、入り口でこのサイリウムのような物を借りることが出来ます。

このサイリウム、音楽に合わせて色と光が変化するハイテク品w

目の前のショーとこのサイリウムの光とを見比べて面白いなぁと思っていたら写真を撮っていなかったというわけです・・・

 

もう一度待って一枚でも撮ろうかと思いましたが、寒さに負けて撤収

横のエリアで光るパディントンを撮って鑑賞終了!

f:id:satoru6938:20180114223414j:plain

この時点で時刻は19時半くらい

気温は既に0度で、カメラを持つ手が痛かった・・・

 

結局鑑賞中に、混んでるなぁと感じることは一度もありませんでした。

混むのはやはり、クリスマスシーズンの12月だけなのかなぁ?

 

そんなムードを気にしない人なら、時期を外していくと今回のようにのんびりと鑑賞することが出来るかもしれません。

もし行こうと思っている方は、参考にしてみてください。

紅葉を求めてお散歩

10月の2週末連続台風に見舞われ、近所の中川は氾濫寸前・・・

隣町には避難指示が出る始末

大変な1ヶ月となりました。

 

11月に入り、やっと晴れた3連休!

何かと予定はあるなか、土曜日は久しぶりに自転車にまたがって近所の公園へ

 

まだ見ごろには早いですが、紅葉狩りも出来ればいいなぁ~と淡い期待も込めて(笑

 

都内最大の水郷公園

 

 

近所には都内最大の水郷公園である、「水元公園」があるのです

その昔、江戸時代は古利根川の河川敷であり、古利根川が廃止された後は耕作地として利用されてきました。

公園としては1965年に開園した歴史ある公園です。

 

f:id:satoru6938:20171105140249j:plain

三郷市との県境付近にある入り口から公園へ入ります。

 

地面にはちらほら落ち葉があり、季節の変わり目であることを実感します。

 

f:id:satoru6938:20171105140456j:plain

中を進んでいくとこの日は芝生広場で色々と催しものがあって超混雑!

 

仕方なく避けて水辺エリアでのんびりと

 

やはりまだ紅葉と言うには早いようです。

 

f:id:satoru6938:20171105142413j:plain

木によっては色づいているものもちらほら・・・

 

のんびり散策をして、再び入り口付近へ向けて戻り始めると、園内では一番色づいている木を発見

f:id:satoru6938:20171105142541j:plain

写真を楽しむ人たちが群がっていました(笑

これで青空が広がっているときっと綺麗なコントラストを楽しめるのでしょうね!

 

f:id:satoru6938:20171105142704j:plain

少し人の引いた芝生広場へ戻ってきました。

ここは広々とした芝生広場を囲むように遊歩道が設置されているので、朝のサイクリングの時はここを周回するのにちょうど良いのです。

 

f:id:satoru6938:20171105142831j:plain

夕陽の時間はこんな綺麗な景色に出会うことが出来ます。

木の近くに自転車を置いてみましたが、芝生はずっと続いた雨のおかげか、かなりぬかるんでいて靴がドロドロに・・・

 

f:id:satoru6938:20171105143031j:plain

この公園の不思議は、毎年紅葉が駐車場から始まることなのです。

 

今年も例に漏れず、ご覧の通り綺麗な赤色になっていました。

これだけ綺麗になっていると、帰り渋滞のドライバーも心が和む・・・?

 

 

もう少し、紅葉シーズンが進んだらメタセコイヤ並木に行ってみましょう~♪

 

葛西臨海公園へサイクリング

秋めいてきた今日この頃

朝晩の気温も低くなり、日中も過ごしやすくなりました。

こうなってくると、体を動かしたくなってくるものです。

 

そこで、今週末は気持ちの良い秋晴れ!との天気予報でしたので、土曜日の昨日は少し早起きしてサイクリングに出かけてきました。

 

自宅を出発したら中川沿いを南下していきます。

中川というべきか、新中川と言うべきか、地図によってその表記があいまいですが

今回走ったのは新中川と呼ばれる、下流で旧江戸川と合流する川です。

 

普段自転車で河川敷を走る! となると、江戸川サイクリングロードか、荒川サイクリングロードの2択です。

しかし、自宅は江戸川からはちょっと距離があり、荒川からは少し距離があり、中川はすぐ近くという立地

それなら中川沿いは自転車で走りやすいの? という疑問を解消するのが今回の目的だったりします(笑

 

そして、結論!

新中川沿いは、サイクリングに向かない!

道中、貨物専用線の新金線の未成橋脚等、見どころこそあるのですが、道路や鉄道とクロスする際に途切れてしまうところが多く、さらに川沿いの道がなくなってしまう為に右岸から左岸へ、左岸から右岸へとサイドチェンジを強いられることから知っていないと大変なのです。

 

とは言え、金町-亀有周辺は道が綺麗になっていたりと、今後は期待できるかもしれませんが・・・

 

 

そんなこんなで、写真を撮る余裕もなく南下してたどり着いたのは葛西臨海公園

f:id:satoru6938:20171001142018j:plain

天気予報では気持ちの良い秋晴れ!と聞いていたのに・・・

どんより曇り空でした(笑

 

f:id:satoru6938:20171001142120j:plain

しばらくのんびり♪

暑くもなく、寒くもなく、ちょうど良い気温

天気以外はホント、お出かけ日和でした♪

 

園内ではイベントの為か、賑やかで落ち着かないのでそそくさと帰宅開始

 

f:id:satoru6938:20171001142305j:plain

対岸は夢の国

帰りは旧江戸川から江戸川へ抜けるルートを選択

 

f:id:satoru6938:20171001142526j:plain

瑞江の分岐路

ここから旧江戸川沿いは狭い道が続くので安全運転

と、その前にこの案内板が気になります。

f:id:satoru6938:20171001142645j:plain

武蔵野の路という言葉と、葛西コースの文字

このサイクリングロードの説明がされているのはわかるのですが・・・

 

f:id:satoru6938:20171001142812j:plain

最後の一文

「河口部の葛西臨海公園が完成すると海辺の散歩を楽しむことが出来ます。」

 

ん?葛西臨海公園が完成すると? ということは、この看板は平成元年よりも前に設置されたものということでしょうか?

大体、「武蔵野の路」という計画自体が現在どういう状況なのか、ネット検索をしてもあまり出て来ないことから、なかなか興味深い内容かもしれません。

 

 

話は戻りましてサイクリング

旧江戸川沿いはそれほど時間もかからずに通過することが出来ます。

ただ、上の写真くらいの道幅が続くので、いくら早いロードでも安全運転が基本ですね。

ミニベロの私は頑張ってもそんなにペースが上がりませんが・・・

 

 

篠崎水門で江戸川と合流

f:id:satoru6938:20171001143301j:plain

ここからは江戸川サイクリングロード!

快走路が始まります。

 

とは言え、荒川サイクリングロードと比べると綺麗とは言い難く、主要道路との交差部分では土手上から河川敷に降りたり、河川敷から土手に登ったりと、よく言えば変化に富んだ構成かもしれません。

 

周りの快速ロードレーサーに抜かれながら北上して、水元公園

 

f:id:satoru6938:20171001143556j:plain

都内唯一の水郷公園である「水元公園

このゆったりとした景色は本当に癒されます

 

公園内をのんびりと走り抜け、無事に帰宅

 

これで往復50kmちょっとの道のり

普段そんなにがっつりと自転車に乗っていない私には、ちょうど良い距離なのです。

 

巾着田の曼珠沙華

 

9月16日

 

本当は仕事で出張の予定だった土曜日

予定変更となり、久しぶりの3連休となりました。

 

前から気になっていた「彼岸花」を見るべく、少し早起きをして車を走らせます。

 

さすがに3連休初日、しかもこの後の2日間は天気が崩れる予報とだけあって道路は渋滞。

なんとかお昼前に目的地付近へ到着

 

この彼岸花の季節になると、必ずと言っていいほど名前を聞くことのある「巾着田」へ

 

事前の情報で、曼珠沙華公園の駐車場は出るのが大変ということだったので、今回は周辺の臨時駐車場に車を停めます。

これがなかなか正解なのです。

 

ほんの少し歩いて公園に入っていきますが、公園へのアプローチが高麗川にかかる木製トラス橋の「あいあい橋」を渡っていくことになるのです。

この橋の下がそう!曼珠沙華公園の会場なのです。

満開の時にこの橋を渡ると、下は赤い絨毯のごとく咲き誇る彼岸花に出会えることでしょう。

 

 

そんなこんなで、気分を高めて会場に入ることが出来るのです。

 

曼珠沙華は7分咲き

肝心の曼珠沙華ですが、この日はまだ7分咲き程度。場所によっては満開という感じ。

それでも、鮮やかな赤の群生はなかなかの迫力です。

f:id:satoru6938:20170926201012j:plain

この橋が「あいあい橋」です。

木製トラスはなかなか見るものでもないので、興味深いですよ~

 

f:id:satoru6938:20170926201146j:plain

彼岸花と言うと、道端にも咲いているイメージがありますが、ここの彼岸花はなかなかに赤色が濃いなぁという印象でした。

 

群生地でも色あせた赤色だと、迫力も半減してしまうものです。

 

f:id:satoru6938:20170926201334j:plain

f:id:satoru6938:20170926201402j:plain

場所によっては、この通り見渡す限りの赤い絨毯となっていました。

会場はとても広く、のんびり回っているとかなり時間がかかります。

道も砂利道でところどころ狭くなっているので、満開の非常に混雑しているときはなかなか落ち着いて見れないかもしれませんね。

 

f:id:satoru6938:20170926201546j:plain

珍しい白色の花もところどころに見ることが出来ます。

写真を撮る人からはやはり白い花は人気で、まとまって咲いているところは写真を撮る順番待ちが発生します(笑

 

f:id:satoru6938:20170926201727j:plain

お昼を過ぎたところで雨がパラパラと落ちてきたので退散

曇り後雨という生憎の天気でしたが、そんな天気だからこそ少し空いている人気の観光地は、ゆっくりと季節を感じることの出来る、良い空間でした。

 

埼玉県高田市

曼珠沙華公園にて

ミニベロで行く、お台場ナイトライド

とある夏の終わりの夜

 

仕事終わりに先輩と自転車で出かけることになりました。

 

勤め先は足立区

周りには荒川や江戸川等名だたるサイクリングロードがあります。

 

とりあえずそこを走ろうということになり、目的地はお台場に設定

 

日が暮れ午後7時に会社を出発して、帰宅ラッシュの環状七号線をクリア

堀切からいよいよ荒川サイクリングロードへ突入します。

 

明るめのライトをつけているとは言え、街頭の無い河川敷のサイクリングロードはなかなかの視界の悪さです。

さらに良いペースで走ると飛んでいる虫の襲撃をもろに受けます・・・

 

それでも、辺りを見回すと東京のビル群と、ひときわ高いスカイツリーの絶景が広がります。

f:id:satoru6938:20170918135150j:plain

しばらく走って荒川左岸から右岸へスイッチ

 

ひたすら下ります。

さすがに毎日20km走っている先輩のペースについていくのは辛く、途中で休憩させてもらったのは内緒です・・・

 

南砂町まで下ったら、街中を走り、真っ暗な新豊洲市場を駆け抜けていよいよお台場!

f:id:satoru6938:20170918135406j:plain

とりあえずフジテレビの前で(笑

 

せっかく消費したカロリーを、マックで補給したら浜辺をお散歩

f:id:satoru6938:20170918135517j:plain

この日は週末、金曜日とだけあってあたりはカップルばかり(笑

そんな中、汗だくの男二人レインボーブリッジをバックに自転車の写真を撮るのに夢中になってました。

 

帰りも同じルートで帰宅。

往復で60km弱の丁度良い運動になりました。

 

しかし、先輩が装着すシュワルベのタイヤは快適そうです・・・

早く純正タイヤからタイヤを交換したいものです。