あての無い道

日々の出来事や旅行、ドライブについてあても無く並べていきます♪

紅葉を求めてお散歩

10月の2週末連続台風に見舞われ、近所の中川は氾濫寸前・・・

隣町には避難指示が出る始末

大変な1ヶ月となりました。

 

11月に入り、やっと晴れた3連休!

何かと予定はあるなか、土曜日は久しぶりに自転車にまたがって近所の公園へ

 

まだ見ごろには早いですが、紅葉狩りも出来ればいいなぁ~と淡い期待も込めて(笑

 

都内最大の水郷公園

 

 

近所には都内最大の水郷公園である、「水元公園」があるのです

その昔、江戸時代は古利根川の河川敷であり、古利根川が廃止された後は耕作地として利用されてきました。

公園としては1965年に開園した歴史ある公園です。

 

f:id:satoru6938:20171105140249j:plain

三郷市との県境付近にある入り口から公園へ入ります。

 

地面にはちらほら落ち葉があり、季節の変わり目であることを実感します。

 

f:id:satoru6938:20171105140456j:plain

中を進んでいくとこの日は芝生広場で色々と催しものがあって超混雑!

 

仕方なく避けて水辺エリアでのんびりと

 

やはりまだ紅葉と言うには早いようです。

 

f:id:satoru6938:20171105142413j:plain

木によっては色づいているものもちらほら・・・

 

のんびり散策をして、再び入り口付近へ向けて戻り始めると、園内では一番色づいている木を発見

f:id:satoru6938:20171105142541j:plain

写真を楽しむ人たちが群がっていました(笑

これで青空が広がっているときっと綺麗なコントラストを楽しめるのでしょうね!

 

f:id:satoru6938:20171105142704j:plain

少し人の引いた芝生広場へ戻ってきました。

ここは広々とした芝生広場を囲むように遊歩道が設置されているので、朝のサイクリングの時はここを周回するのにちょうど良いのです。

 

f:id:satoru6938:20171105142831j:plain

夕陽の時間はこんな綺麗な景色に出会うことが出来ます。

木の近くに自転車を置いてみましたが、芝生はずっと続いた雨のおかげか、かなりぬかるんでいて靴がドロドロに・・・

 

f:id:satoru6938:20171105143031j:plain

この公園の不思議は、毎年紅葉が駐車場から始まることなのです。

 

今年も例に漏れず、ご覧の通り綺麗な赤色になっていました。

これだけ綺麗になっていると、帰り渋滞のドライバーも心が和む・・・?

 

 

もう少し、紅葉シーズンが進んだらメタセコイヤ並木に行ってみましょう~♪

 

葛西臨海公園へサイクリング

秋めいてきた今日この頃

朝晩の気温も低くなり、日中も過ごしやすくなりました。

こうなってくると、体を動かしたくなってくるものです。

 

そこで、今週末は気持ちの良い秋晴れ!との天気予報でしたので、土曜日の昨日は少し早起きしてサイクリングに出かけてきました。

 

自宅を出発したら中川沿いを南下していきます。

中川というべきか、新中川と言うべきか、地図によってその表記があいまいですが

今回走ったのは新中川と呼ばれる、下流で旧江戸川と合流する川です。

 

普段自転車で河川敷を走る! となると、江戸川サイクリングロードか、荒川サイクリングロードの2択です。

しかし、自宅は江戸川からはちょっと距離があり、荒川からは少し距離があり、中川はすぐ近くという立地

それなら中川沿いは自転車で走りやすいの? という疑問を解消するのが今回の目的だったりします(笑

 

そして、結論!

新中川沿いは、サイクリングに向かない!

道中、貨物専用線の新金線の未成橋脚等、見どころこそあるのですが、道路や鉄道とクロスする際に途切れてしまうところが多く、さらに川沿いの道がなくなってしまう為に右岸から左岸へ、左岸から右岸へとサイドチェンジを強いられることから知っていないと大変なのです。

 

とは言え、金町-亀有周辺は道が綺麗になっていたりと、今後は期待できるかもしれませんが・・・

 

 

そんなこんなで、写真を撮る余裕もなく南下してたどり着いたのは葛西臨海公園

f:id:satoru6938:20171001142018j:plain

天気予報では気持ちの良い秋晴れ!と聞いていたのに・・・

どんより曇り空でした(笑

 

f:id:satoru6938:20171001142120j:plain

しばらくのんびり♪

暑くもなく、寒くもなく、ちょうど良い気温

天気以外はホント、お出かけ日和でした♪

 

園内ではイベントの為か、賑やかで落ち着かないのでそそくさと帰宅開始

 

f:id:satoru6938:20171001142305j:plain

対岸は夢の国

帰りは旧江戸川から江戸川へ抜けるルートを選択

 

f:id:satoru6938:20171001142526j:plain

瑞江の分岐路

ここから旧江戸川沿いは狭い道が続くので安全運転

と、その前にこの案内板が気になります。

f:id:satoru6938:20171001142645j:plain

武蔵野の路という言葉と、葛西コースの文字

このサイクリングロードの説明がされているのはわかるのですが・・・

 

f:id:satoru6938:20171001142812j:plain

最後の一文

「河口部の葛西臨海公園が完成すると海辺の散歩を楽しむことが出来ます。」

 

ん?葛西臨海公園が完成すると? ということは、この看板は平成元年よりも前に設置されたものということでしょうか?

大体、「武蔵野の路」という計画自体が現在どういう状況なのか、ネット検索をしてもあまり出て来ないことから、なかなか興味深い内容かもしれません。

 

 

話は戻りましてサイクリング

旧江戸川沿いはそれほど時間もかからずに通過することが出来ます。

ただ、上の写真くらいの道幅が続くので、いくら早いロードでも安全運転が基本ですね。

ミニベロの私は頑張ってもそんなにペースが上がりませんが・・・

 

 

篠崎水門で江戸川と合流

f:id:satoru6938:20171001143301j:plain

ここからは江戸川サイクリングロード!

快走路が始まります。

 

とは言え、荒川サイクリングロードと比べると綺麗とは言い難く、主要道路との交差部分では土手上から河川敷に降りたり、河川敷から土手に登ったりと、よく言えば変化に富んだ構成かもしれません。

 

周りの快速ロードレーサーに抜かれながら北上して、水元公園

 

f:id:satoru6938:20171001143556j:plain

都内唯一の水郷公園である「水元公園

このゆったりとした景色は本当に癒されます

 

公園内をのんびりと走り抜け、無事に帰宅

 

これで往復50kmちょっとの道のり

普段そんなにがっつりと自転車に乗っていない私には、ちょうど良い距離なのです。

 

巾着田の曼珠沙華

 

9月16日

 

本当は仕事で出張の予定だった土曜日

予定変更となり、久しぶりの3連休となりました。

 

前から気になっていた「彼岸花」を見るべく、少し早起きをして車を走らせます。

 

さすがに3連休初日、しかもこの後の2日間は天気が崩れる予報とだけあって道路は渋滞。

なんとかお昼前に目的地付近へ到着

 

この彼岸花の季節になると、必ずと言っていいほど名前を聞くことのある「巾着田」へ

 

事前の情報で、曼珠沙華公園の駐車場は出るのが大変ということだったので、今回は周辺の臨時駐車場に車を停めます。

これがなかなか正解なのです。

 

ほんの少し歩いて公園に入っていきますが、公園へのアプローチが高麗川にかかる木製トラス橋の「あいあい橋」を渡っていくことになるのです。

この橋の下がそう!曼珠沙華公園の会場なのです。

満開の時にこの橋を渡ると、下は赤い絨毯のごとく咲き誇る彼岸花に出会えることでしょう。

 

 

そんなこんなで、気分を高めて会場に入ることが出来るのです。

 

曼珠沙華は7分咲き

肝心の曼珠沙華ですが、この日はまだ7分咲き程度。場所によっては満開という感じ。

それでも、鮮やかな赤の群生はなかなかの迫力です。

f:id:satoru6938:20170926201012j:plain

この橋が「あいあい橋」です。

木製トラスはなかなか見るものでもないので、興味深いですよ~

 

f:id:satoru6938:20170926201146j:plain

彼岸花と言うと、道端にも咲いているイメージがありますが、ここの彼岸花はなかなかに赤色が濃いなぁという印象でした。

 

群生地でも色あせた赤色だと、迫力も半減してしまうものです。

 

f:id:satoru6938:20170926201334j:plain

f:id:satoru6938:20170926201402j:plain

場所によっては、この通り見渡す限りの赤い絨毯となっていました。

会場はとても広く、のんびり回っているとかなり時間がかかります。

道も砂利道でところどころ狭くなっているので、満開の非常に混雑しているときはなかなか落ち着いて見れないかもしれませんね。

 

f:id:satoru6938:20170926201546j:plain

珍しい白色の花もところどころに見ることが出来ます。

写真を撮る人からはやはり白い花は人気で、まとまって咲いているところは写真を撮る順番待ちが発生します(笑

 

f:id:satoru6938:20170926201727j:plain

お昼を過ぎたところで雨がパラパラと落ちてきたので退散

曇り後雨という生憎の天気でしたが、そんな天気だからこそ少し空いている人気の観光地は、ゆっくりと季節を感じることの出来る、良い空間でした。

 

埼玉県高田市

曼珠沙華公園にて

ミニベロで行く、お台場ナイトライド

とある夏の終わりの夜

 

仕事終わりに先輩と自転車で出かけることになりました。

 

勤め先は足立区

周りには荒川や江戸川等名だたるサイクリングロードがあります。

 

とりあえずそこを走ろうということになり、目的地はお台場に設定

 

日が暮れ午後7時に会社を出発して、帰宅ラッシュの環状七号線をクリア

堀切からいよいよ荒川サイクリングロードへ突入します。

 

明るめのライトをつけているとは言え、街頭の無い河川敷のサイクリングロードはなかなかの視界の悪さです。

さらに良いペースで走ると飛んでいる虫の襲撃をもろに受けます・・・

 

それでも、辺りを見回すと東京のビル群と、ひときわ高いスカイツリーの絶景が広がります。

f:id:satoru6938:20170918135150j:plain

しばらく走って荒川左岸から右岸へスイッチ

 

ひたすら下ります。

さすがに毎日20km走っている先輩のペースについていくのは辛く、途中で休憩させてもらったのは内緒です・・・

 

南砂町まで下ったら、街中を走り、真っ暗な新豊洲市場を駆け抜けていよいよお台場!

f:id:satoru6938:20170918135406j:plain

とりあえずフジテレビの前で(笑

 

せっかく消費したカロリーを、マックで補給したら浜辺をお散歩

f:id:satoru6938:20170918135517j:plain

この日は週末、金曜日とだけあってあたりはカップルばかり(笑

そんな中、汗だくの男二人レインボーブリッジをバックに自転車の写真を撮るのに夢中になってました。

 

帰りも同じルートで帰宅。

往復で60km弱の丁度良い運動になりました。

 

しかし、先輩が装着すシュワルベのタイヤは快適そうです・・・

早く純正タイヤからタイヤを交換したいものです。

 

自転車を買おう

社会人になってからというもの、通勤はマイカー

休日にどこかへ出かけると言えば、マイカー

買い物に出かけると言えば、マイカー

 

主な移動手段は車ばかり・・・

学生時代は剣道をやっていたので、それなりに

 

運動もしていましたがこうなると体はたるんでいくばかり・・・

 

仕事柄、工事現場等での作業を伴いますが、年々体が重たくなっていくのを感じていました。

 

そこで、前から気になっていた自転車の世界に飛び込むことを決意

でも・・・

 

自宅周辺の江戸川の土手や、荒川の土手を見てみると軽そうなロードバイクで軽快に駆け抜けていくつわものばかり・・・

そこに同じバイクで走るのも芸がないなと思いだし・・・

 

ミニベロを買おう

 という結論に至りました。

 

ロードバイクと言えば、細いタイヤにドロップハンドルを装備してカッコいいSTIで変速!

 

となりますが、正直わからない人からするとどれも同じ形・・・

 

小径車はフレームデザインにもバリエーションがあり、見た目にも楽しいのです。

 

 

では、どのミニベロにするのか?

通販サイトを見ていると、ミニベロでもドロップハンドルを装備して良い走りが期待できる車体がありますが、予算もそれほどあるわけではないので国産メーカーで

 

FUJIのヘリオン をチョイス!

上位機にヘリオンRがありますが、個人的に「ドロップハンドルのミニベロにするのだったらロードバイクを買えばいい」という変な考えがあったのでフラットハンドルをにしました。

 

さらに、フロントギアも多段速だとせっかくのホリゾンタルフレームのすっきりした見た目を損なう気がするので、シングルがベストでした。

 

で、購入!

f:id:satoru6938:20170918132657j:plain

通販で買ったら何故かビアンキの箱で到着(笑

 

f:id:satoru6938:20170918132741j:plain

 

 完成状態で到着。

ブレーキ等々の調整をしていざ街へ繰り出します♪

 

 

f:id:satoru6938:20170918132900j:plain

 今までシティサイクルにしか乗ったことの無い人間にはびっくりする軽やかな漕ぎ味

期待以上の楽しさです♪

ただ、自分で選択したフラットハンドル、やっぱり長距離乗ろうとすると辛い(笑

 

 

そこで、ハンドル交換を企てます。

会社の先輩もミニベロに乗っているので相談すると、なんとセミドロップハンドルをもらい受けることに!

 

もらったその日にとりあえず装着!(笑

f:id:satoru6938:20170918133409j:plain

ブレーキとシフトはそのままつけたのでケーブル関係がパッツンパッツンですが

ホリゾンタルフレームセミドロップハンドルの組み合わせは最高にクール!な気がします(笑

 

後日、ワイヤー関係を買いなおして調整

f:id:satoru6938:20170918133748j:plain

 

ついでにグリップもバーテープ仕様にしました。

f:id:satoru6938:20170918134509j:plain

 色のチョイスにセンスが無いのはご愛敬ということで・・・

 

 

そんなこんなで、ミニベロと過ごす日々がスタートしました。

 

 

群馬-新潟県境の三国街道をドライブ

2017年2月4日

 

冬の盛りの週末

最近マイカーでドライブに出かけていないなぁと思い立ち

スタッドレスタイヤを履いている事だしと、雪を眺めるべく午前7時頃に東京の自宅を出発

 

外環道~関越道と、目立った渋滞につかまることもなくお昼前には群馬県伊香保温泉付近まで到達

 

ちょうどお昼ご飯時、このあたりに来たら良く使っている「水沢うどん」屋さん

f:id:satoru6938:20170222224336j:plain田丸屋さんです。

お店が面している上毛三山パノラマ街道沿いには「水沢うどん」屋さんがいくつかありますが、こちらのお店が比較的回転も早く快適にお食事ができる気がします。

 

水沢うどん」は水澤観音付近で、参拝者向けに供されたのが始まりと言われている手打ちうどん

 

強いコシとつるつるとした喉越しで、夏に食べるとなかなかに美味です。

f:id:satoru6938:20170222224701j:plain

田丸屋さんは、ゴマだれがありこれがまたなかなかに美味しいのです。

 

腹ごしらえが済んだら、再び車に乗ってドライブの再開です。

 

伊香保から少し山を下って、国道17号に入ります。

延々と北上して行くと車窓から遠く見えていた、真っ白に雪化粧した谷川岳が近づいてきます。

 

猿ヶ京に差し掛かろうかと言うところで少し道をそれてみると、古い町並みの入り口に道の駅があります。

 

その名も、「たくみの里

f:id:satoru6938:20170222230052j:plain

前景を撮り忘れましたが、この日はよく晴れており青い空と古い町並みのコントラストがとても綺麗にマッチしていました。

f:id:satoru6938:20170222230400j:plain

この「たくみの里」は、三国街道の街道筋に整備された「須川宿」で、相俣宿と今宿の間の宿場町。

そのそも三国街道とは、中山道の高崎から分かれて北陸街道の新潟県長岡市の寺泊に至る街道で、かなり古い時代から使われていた交通路。

あの上杉謙信も使ったと言われている街道で、江戸時代には参勤交代に利用される程だったそうです。

 

下道でのんびりと来たせいか、この道の駅に着いた時には既に街道沿いのお店はどこも暖簾をしまっており閑散としていたので、少し歩いたら再び走り始めます。

 

 

引き続き国道17号で山を登っていくと、閑静な温泉街の「猿ヶ京温泉」にたどり着きます。

今回はこちらには立ち寄りませんでしたが、都会の喧騒を忘れてのんびりしたいときには打って付けの良い温泉郷です。

 

三国街道の猿ヶ京関所を横目に見ながら走っていくと、いよいよ道は山岳路の様相を呈していきます。

ただ、平行する関越自動車道で群馬-新潟の県境を越えようとすると、山岳トンネルとしては日本最長の10kmオーバーを誇る関越トンネルを使うことになりますが、こちらは危険物積載車は通行禁止ということもあり、三国街道の国道17号は古い峠道にしては多量の大型車が行き交う為、一般車の私からするとかなり高規格な道路に感じる程です。

 

登るにつれ勾配がキツくなってくると、目の前に「三国トンネル」が目の前に現れます。

f:id:satoru6938:20170222233146j:plain

今回のドライブの目的はこのトンネルをくぐること

 

この三国峠は明治10年に国道に指定されたものの、その後もう一つの県境をまたぐ清水峠にその役目を奪われたものの、過酷すぎる冬の清水峠は次第に荒廃

大正時代に入るとほとんど廃道同然状態になり、再び県境をまたぐ重要な峠として昭和に入ってからこのトンネルの開通後に国道に昇格しました。

 

ちなみに戦後に再開された改良工事により、日本で最初に「クロソイド曲線」を採用され、今は記念碑が建立されています。

(クロソイド曲線についてはいつか書きます・・・)

 

さて、話はトンネルに戻して・・・

「三国トンネル」は昭和34年に開通した歴史あるトンネルで、既に開通から55年以上も経過しており、実際にくぐってみると老朽化が進んでいることがわかります。

実はこの写真、トンネル坑口手前に橋があるのですが、ここから左側を覗くと真新しい橋脚が立ちあがっています。

「新三国トンネル」の建設が進んでおり、そう遠くない未来に、現「三国トンネル」は役目を終えるかもしれません。

そんな古いトンネルの勇姿を見たかったのです。

 

トンネルを見て満足したので、そのまま新潟県に入り山を一気に駆け下ります。

三国峠新潟県側は、群馬県側に比べて緩やかな線形で走りやすいのです。

 

湯沢あたりまでくるとまたしても宿場町の雰囲気を残した町が広がります。

f:id:satoru6938:20170222234809j:plain

f:id:satoru6938:20170222235145j:plain

こちらは塩沢宿

 

郷土の文人にちなんで「牧之通り」と呼ばれています。

f:id:satoru6938:20170222235358j:plain

f:id:satoru6938:20170222235428j:plain

江戸時代の宿場町の風景を再現しており、雪国ならではの雁木(がんぎ)が整備されており、昼間はなかなかのにぎわいを見せるようです。

 

こちらで日本酒を数本購入して、良い時間なので帰宅開始。

f:id:satoru6938:20170222235727j:plain

 

思い付きで出かけた割りには思いのほか遠くまで来てしまいましたが、冬の風景を満喫した良いドライブでした。

 

走行距離:531.0km