あての無い道

日々の出来事や旅行、ドライブについてあても無く並べていきます♪

巾着田の曼珠沙華

 

9月16日

 

本当は仕事で出張の予定だった土曜日

予定変更となり、久しぶりの3連休となりました。

 

前から気になっていた「彼岸花」を見るべく、少し早起きをして車を走らせます。

 

さすがに3連休初日、しかもこの後の2日間は天気が崩れる予報とだけあって道路は渋滞。

なんとかお昼前に目的地付近へ到着

 

この彼岸花の季節になると、必ずと言っていいほど名前を聞くことのある「巾着田」へ

 

事前の情報で、曼珠沙華公園の駐車場は出るのが大変ということだったので、今回は周辺の臨時駐車場に車を停めます。

これがなかなか正解なのです。

 

ほんの少し歩いて公園に入っていきますが、公園へのアプローチが高麗川にかかる木製トラス橋の「あいあい橋」を渡っていくことになるのです。

この橋の下がそう!曼珠沙華公園の会場なのです。

満開の時にこの橋を渡ると、下は赤い絨毯のごとく咲き誇る彼岸花に出会えることでしょう。

 

 

そんなこんなで、気分を高めて会場に入ることが出来るのです。

 

曼珠沙華は7分咲き

肝心の曼珠沙華ですが、この日はまだ7分咲き程度。場所によっては満開という感じ。

それでも、鮮やかな赤の群生はなかなかの迫力です。

f:id:satoru6938:20170926201012j:plain

この橋が「あいあい橋」です。

木製トラスはなかなか見るものでもないので、興味深いですよ~

 

f:id:satoru6938:20170926201146j:plain

彼岸花と言うと、道端にも咲いているイメージがありますが、ここの彼岸花はなかなかに赤色が濃いなぁという印象でした。

 

群生地でも色あせた赤色だと、迫力も半減してしまうものです。

 

f:id:satoru6938:20170926201334j:plain

f:id:satoru6938:20170926201402j:plain

場所によっては、この通り見渡す限りの赤い絨毯となっていました。

会場はとても広く、のんびり回っているとかなり時間がかかります。

道も砂利道でところどころ狭くなっているので、満開の非常に混雑しているときはなかなか落ち着いて見れないかもしれませんね。

 

f:id:satoru6938:20170926201546j:plain

珍しい白色の花もところどころに見ることが出来ます。

写真を撮る人からはやはり白い花は人気で、まとまって咲いているところは写真を撮る順番待ちが発生します(笑

 

f:id:satoru6938:20170926201727j:plain

お昼を過ぎたところで雨がパラパラと落ちてきたので退散

曇り後雨という生憎の天気でしたが、そんな天気だからこそ少し空いている人気の観光地は、ゆっくりと季節を感じることの出来る、良い空間でした。

 

埼玉県高田市

曼珠沙華公園にて